ネット専業銀行でのキャッシング手順は?

キャッシングベスト3

ネット専業銀行でキャッシングを利用したいときの手順が知りたい

最近、ネット専業銀行ってなにかと話題ですよね。サービスも評判もわるくないようですし、近々キャッシングで利用したいと思っています。そこでお伺いしたいのですが、ネット専業銀行を利用したい場合の手順では、まず何からしたらよいのでしょうか?

ネット専業銀行のウェブサイトで申込みから融資まで完結します

近年においてネット専業銀行は、そのサービス内容の独自性や良質さから、利用者もますます増え人気も高いですね。やはり一般の銀行のように店舗の維持管理などに費用がかからず、また人件費も低く済むこともあり、それを利用者に還元した思いっきりの良いサービスや商品展開に、常に注目が集まっていると言えます。

カードローンなどの金利は、消費者金融ではやや高め、銀行系ではやや低め、というのが一般的となっています。ネット専業銀行においても銀行ですので例に漏れず、業界内としては低水準の金利と言っていいでしょう。消費者金融では、上限金利がだいたい18%というところが多いですが、ネット専業銀行で業界最低ともいえるところでは、上限金利10%、というキャッシング商品もあるのです。

また、ネット専業銀行は当然一般の銀行と同じように、総量規制の対象外となっています。そのため収入の3分の1しか借り入れできない、といった規制がないため、借入額が大きい方や、ローン、キャッシングのおまとめを検討されている方にも適した借入れ先とも言えますね。

そしてなんといってもネット専業銀行の一番の特徴は、ネット上で申し込みから借入れ、返済まですべて完結できる点です。文字通りネット銀行ですので、店舗のある金融機関と違ってウェブ上で手続きすることが基本となります。そのため、より詳細な内容を入力することもありますが、ユーザーが戸惑わないように画面操作がしやすく、工夫されているところが多いと言えます。

ネット銀行ももちろん銀行ですので、銀行での借入れというと「ちょっと時間がかかるのでは?」という印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。ですが実際は、最短で即日に融資まで行なってもらえるネット銀行もありますので、実行スピードについても実店舗のある金融機関と比べても引けを取らないと言えます。

またネット専業銀行ならではの面白いサービスもあります。申込み時の本人確認などの証明書類を、ケイタイでアプリを使って提出できるというサービスを行っているところもあるのです。郵送などと比較して、手軽に必要書類が提出できるのはありがたいですね。また融資限度額が高額になると、収入証明の書類が必要になってくる場合が多いですが、ネット専業銀行では、限度額200万円までは収入証明書の提出が不要というところも多く、これも借り入れしやすいメリットの一つと言えます。

逆にデメリットというと、ネット専業銀行はコールセンターなど直接のサービスが手薄、問い合わせしたいのに電話番号がどこにも載っていない、など一時期言われたときもありました。ですがそのようなクレームがあったため、今では改善されている所がほとんどです。

ネット専業銀行では、ひとつ契約しておくと、なにか急に融資が必要になった場合など、家に居ながらにして借り入れできるというのが助かりますね。インターネットを普段からよく利用する方であれば、さほど難しいことは感じられないですので、ネット専業銀行はぜひおススメの借入れ先ですね。

ネットを利用したキャッシングの利便性の高いネット専業銀行

近年は店舗を持たずにインターネット上でキャッシングなどのサービスを提供する「ネット専業銀行」が増加しています。金融系や流通系、ネットサービス系など、様々な業態の企業がネット専業銀行の事業を展開しています。中には店舗が無いだけに、独自のサービスを提供している銀行も少なくありません。

また、利用者にとってはインターネットによってすべての手続きが行えるため、自宅や勤務先などどこからでも利用することが可能なことから、労力や時間を大幅に省くことができます。そして、インターネットには休みが無いため、営業時間外の深夜でも利用することが可能であり、土日曜・祝日も関係ありません。これは都市銀行には無い大きなメリットです。特に、都市銀行では月末になると非常に混雑するため、順番待ちだけでもかなりの時間を費やさなければなりません。
  
なお、ネット専業銀行は店舗を持たないことから維持管理費を掛けずに済み、また、事務処理を担当する従業員を一カ所に集約できるため、人件費も抑えることができます。従って、キャッシングの金利を低めに設定できるというメリットがあります。
  
ちなみに、ネット専業銀行は単に店舗がないという面だけではなく、事業内容も都市銀行とは全く違います。従来型の都市銀行は市民や企業などから預金を集め、集めた預金を企業などへの貸付に回すことで、その金利差を銀行経営上の利益の根幹としています。しかし、ネット専業銀行は大口の個人顧客や大企業との取引がないことから、不特定多数の個人利用者を対象にしたキャッシングの利息が利益の中心になっています。そのため、都市銀行では行っていない、インターネットの利便性を生かしたサービスが豊富になっている上、借入・返済の手続きの処理が瞬時に終わり、手数料も掛かりません。
  
現在では、貸金業法による総量規制によって消費者金融の利用が大幅に制限されているため、ポイントが付いたり、割引サービスを受けられたりするネット専業銀行を利用する人が急増しています。
  

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪誰にもばれたくない≫ネット申込みOK!おすすめ消費者金融 All Rights Reserved.