借金は一気に借りるか少しずつ借りるべきか

キャッシングベスト3

金融機関から一気に借りるか少しずつ借りるか、どちらが良いの?

先日事故で足を骨折してしまい、2~3ヶ月は自宅安静のため仕事に行けなくなってしまいました。貯蓄もあまり多くないため、当面の生活費の足しにしたいと思い、金融機関に借入れをしようと思っています。消費者金融と銀行とそれぞれ一社ずつのカードローンを契約していますが、今現在は借入れはまったくありません。こういった状況では、一気に多めの額を借りるべきか、それとも小まめに借り入れするか、どちらのほうがお得なのでしょうか?

総量規制に掛からないなら、利息を考えて小まめな借入れが得かも

事故やケガといった突然のトラブルに見舞われてしまったため、金融機関へ借入れしたい、ということは少ない事例ではありません。特に生活費に充てるためにカードローンなどを利用するとなると、実際問題として相当な額の借入れを、定期的に行なうこととなりますね。

このような場合、必要になりそうな額を一度にまとめて借りるのがよいのか、それとも足りなくなったときに少しずつ、小まめに借り入れするのがよいのか、どちらが得策なのでしょうか?

結論から言いますと、借り入れした期間が長くなればなるほど利息が付いていきますから、必要に応じて借入れしたほうが得と言えます。しかしひとつ気になるのが、融資限度枠の問題です。たとえば今現在、キャッシングできるクレジットカードや契約しているカードローンなどの限度額を合計すると200万円になるとします。この限度枠を、いつ、どれくらい、上げるか下げるかというのは、各金融機関の裁量にゆだねられています。つまり、今日は200万円の融資枠があっても、明日も必ず200万円借りられるとは限らない、ということです。

所有するクレジットカードなどのなかに、いつの間にか限度額がアップしていたことに、後日気が付いた経験がある方も多いことでしょう。これは、借入れや返済の実績などに応じて、カード会社の判断で融資枠が広げられたのです。その際、利用者に「限度額をアップしましたよ」などといった連絡は特にないのが一般的なのです。
同じように、融資枠が減額されることもよくあることです。これは必ずしも、延滞をしてしまったからなど、ペナルティ的に行われるとは限りません。そのあたりの基準は各金融機関それぞれに違いますし、限度額をどう決定するかは一般には公開されませんので、利用者は知ることができないのです。

ただ、どんな利用者でも判断できる基準があります。それが「総量規制」と呼ばれる、借入れ額を制限する法律です。これは、年収の3分の1以上は借り入れできないという規制で、ひとつの金融機関ではなく、借入れしている金融機関すべてで合算されます。

ただしこの総量規制は、消費者金融での借入れに適用される法律で、銀行からの借入れでは、基本的に制限されません。また、住宅ローンやショッピングでの借入れは含まれず、あくまでキャッシング、お金の借入れのみに制限がかかるものです。

そのため、先ほどの例のように合計200万円の融資枠があったとしても、年収が300万円であったとしたら、消費者金融では100万円までしか借り入れできない可能性が高いのです。100万円まで借り入れた時点で、融資枠の減枠、もしくは融資自体がストップされることも否定できません。

ケガが治るまでの一時期とはいえ、生活費としての利用となると限度額の変化は、利用者にとって大きな問題ですね。こういったことも考慮に入れて、どのような借入れを行なうかのプランをしっかり検討しましょう。

金融機関から一気に借りるか分けて借りるかどちらが良いか

金融機関からお金を借りなければならないときに、必要な資金を一気に借りるか、それとも必要に応じて借りるべきなのかどちらが良いのかと考えた場合、融資という観点で見れば必要に応じて借りて行ったほうが良いと考えられます。その根拠となるのは利息の支払金額です。

例えば、今月20万円が必要で、そして来月には30万円借りなければならないときを考えてみましょう。今月50万円借りておけば良いと考えるかも知れませんが、50万円借りても実際に使うが20万円であれば、残りの30万円は無駄になります。ただ持っているだけでも利息が発生しますから、30万円分に対する利息を支払っていかなければならないのです。この分が不利になります。

また、来月30万円が必要になると言っても、今月の末には定められた金額を返済しなければなりません。その分も考えて借入をしなければならないとなると、計算も面倒になります。ですから、来月必要な分は来月になってから借りるのが良いのです。

このときには、来月借りることができるのかどうかを確認しておく事は必要です。今月借りても、来月借りる分だけの限度額が確保できているのかどうかを確認しておかないと、来月になって焦らなければならないことになります。

今月の借入と来月の借り入れとだけを考えるのではなくて、今月借りて、そしてそれに対して発生する利息と返済金額を考える事は必要でしょう。収入があるのならそれも考えておかなければなりません。これらを考えた上で、来月どれくらい借りるべきなのかを考える事が必要です。

キャッシングでは、借り入れをするごとに手数料がかからないことが多いです。かかったとしてもあまり大きい金額にはなりませんから、一気に借りるメリットはそれほど大きくありません。店舗やATMが遠くにあるのならまとめたほうが良いこともありますが、そうではないのなら一気に借りるメリットはないと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪誰にもばれたくない≫ネット申込みOK!おすすめ消費者金融 All Rights Reserved.