ローンの返済が辛くなったら何をするべき?

キャッシングベスト3

ローンの返済が辛い…一杯一杯になったらまず何をするべき?

数年前からカードローンでの借入れをするようになり、今現在も3社ほどの返済が続いています。ここ何年かは、返済のための資金繰りで日々頭を悩ませており、ちょっと辛くなってきました。どうにかこの悩みから抜け出したいのですが、いったい何をすればよいのでしょうか?

まず過払いチェック、その後は任意整理なども検討に入れましょう

最近のカードローンでの借入れは、申込みも簡素で始めやすく、使えるATMも豊富でとても身近なものになっています。また実際に融資を受けるときも、ATMからスムーズにできてしまうため、まるで自分の銀行口座から自分の貯金を引き出すかのように簡単にできてしまうとも言えます。

そのため、はじめは「ちょっとだけ」、でもそれが繰り返され、いつのまにか返済が困難になるほどの借入れにまで膨れ上がってしまった、という事例も少なくないのです。そのような状況になってしまった場合、最初に何をするべきでしょうか?

まずは今までの借り入れに、過払い金が発生していないか確認してみましょう。過払い金とは、利息制限法に定める上限金利は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利のことで、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利のことです。一般的に7年以上の取引年数がある場合、過払い金が発生している可能性が高いと言われています。思い当たる方は一度、無料相談を行ってくれる弁護士や司法書士の方を尋ねてみましょう。

その後、もうどうしようもなく返済のめどが立たなくなってしまった場合、何をすればよいのでしょうか?

「借金がもう返せない」となるといわゆる「自己破産」という言葉が浮かぶ方もいらっしゃると思います。自己破産とは、裁判所に願い出てすべての負債の支払い義務を免除してもらう方法ですが、あくまで最後の最後に考える選択肢です。借金の問題を解決されるうえで、自己破産を選ぶ前にある選択肢を見ていきましょう。

解決策として、「任意整理」や「民事再生」を検討することとなります。

「任意整理」の場合は裁判所は通さず、弁護士や司法書士が債権者との交渉役となってもらうこともあり、比較的柔軟に返済までの道筋を立てられるメリットがあります。おもに利息の部分を減額してもらって、3年以内に分割して返済していきます。この任意整理は定期的に収入のある方が選べる選択肢であり、また自己破産のように財産を没収されることはない解決法です。

「民事再生」の場合は裁判所に申し立てをして、借金の整理を認めてもらいます。任意整理と違って負債が最大で8割など大幅に減額されるメリットがあります。また自己破産と違って住宅ローン支払い中であっても、持ち家を手放さなくて済むのです。民事再生も任意整理と同じように、定期的な収入のある方のみ申し立てすることができる方法です。

これらの選択肢でも返済の計画を立てるのが難しい場合、自己破産を検討する段階です。まず自己破産のメリットとして、すべての負債を返済する義務がなくなります。デメリットは、マイホームや車など一定以上の価値のある財産は処分され、債務者に分配されます。また役場の破産者名簿や官報に、氏名と住所が記載されてしまうこともデメリットとして上げられるのです。

ですがこうした選択肢を選ぶことで返済の道筋が見えて、暗い気持ちから解決へ向けた前向きな気持ちへと変えることができますね。しかしその後5~10年は、住宅ローンを組むなどの前向きな借入れであっても難しくなるなど、新たな生活をスタートさせる上では障害となることがあることも覚えておきましょう。

ローンの返済が辛いと感じたときにするべきこととは

キャッシングは便利なものですから、ついつい借りすぎてしまって、ローンの返済が辛くなることもあります。このようにならないように返済計画を立てておくのが良いのですが、使いすぎてしまったものは仕方がありませんから何とかしなければなりません。どうしても返済が辛いと感じたのなら、とるべき方法はいくつかあります。

やはり借りたものは自力で返済したいと考えるのが普通だと思いますが、そのためにはまず借入をした金融機関に相談をするのが良いです。金融機関によっては、返済期間を伸ばして月々の返済金額を小さくしてくれる場合もあります。それができないかどうかを確認してみるのが良いでしょう。これができれば手続きも簡単ですから、もっとも良い方法だと考えられます。

借りている金融機関でこのような手続きができない場合には、他の金融機関を利用するのも良いです。これがいわゆる借り換えという手続きになります。借り換えをすることによって返済期間を延ばして返済金額を小さくすることができる場合もあります。借り換えをするときには、損ための専用のサービスを利用するのも良いです。

もしも家族などから借りることができるのなら、借りて返済をするのも良いです。もちろんですが、きちんと返済のルールを決めて借りなければなりません。お金が絡むと人間関係にも影響してきますから、きちんとルールを決めてきちんと返済していくことは必要となってきます。ただ、利息を支払わなくても良いのなら、これがもっとも良い方法だと考えられます。

どうやっても無理だと思ったときには債務整理をしなければならないでしょう。最終手段としては自己破産がありますから、借金の金額が大きくても何とかなるものです。自己破産以外にも個人民事再生や任意整理などの方法もありますから、必ずしも自己破産しなければならないわけではありません。どれが良いのか分からないのなら、法律事務所などに相談をするのが良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪誰にもばれたくない≫ネット申込みOK!おすすめ消費者金融 All Rights Reserved.